So-net無料ブログ作成

Xデー後日 [日記]

快晴。
何この暑さ。

◆起床・就寝
2時半寝・9時半起き。
よく眠れたかな。

◆食事
朝:ホットドッグ、牛乳
昼:カップめん
晩:たぶん自炊

◆右腕の障害
療養中。

◆技能資格筆記試験 昨日
終わりました。
感触としてはまあまあか。まあまあな正解率で合格となるようですが結果が出るまではわかりません。
次は技能試験が12/2(土)となりますがこちらが難関です。
これからそちら系の勉強・練習となります。
でも今は少しだけ休みます。

◆ニンゲンドック
11/16(水)に予約済み。

◆わんふぇす
参加料受領確認済。
当日版権本申請手続き:10月4日(火)~ 10月12日(月)23:59

◆デジタル造形
テキストちらっと読んでみる。

◆創作活動
何かしたメモ書きとスケッチする。

◆模型活動
作例をほぼ決め。
展示会の課題作の表面処理作業を今日中に行う。できればサフ吹きまでやる。

コード・オブ・ジョーカー S 昨日のプレイ戦績

コード・オブ・ジョーカー S コンプリート (ホビージャパンMOOK 725)

コード・オブ・ジョーカー S コンプリート (ホビージャパンMOOK 725)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2016/06/10
  • メディア: ムック

メインアカウント(巨人系):全国イベント対戦 2勝0敗 獲得★数:69個
サブアカウント(黄色系、機械系):全国イベント対戦 1勝1敗 獲得★数:60個
9/28(火)10:00~10/11(火)23:59 イベント対戦「第4回 アルカナカップ ~共同戦線~」 SRカード禁止。
昨日は試験日だったのでプレイは程ほどに留めた。これからやり込んでいく。

蒼き雷霆 ガンヴォルト


時間が空いたら1ステージ位はやる。

ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~(ゴ魔乙 ごまおつ)
現在プレイヤーランク 181
イベント「メイドカフェ:前編」「メイドカフェ:後編」プレイ中。LIMITEDステージであり、限定武器をデッキに組み込みことでアクティブポイントが倍増。今日まで。
ギルド戦は勝利。

サイヴァリア・リアセンブル
BUZZポイントこつこつ稼ぎ中。
機体強化中。
ランクマッチで[NEBULA]中心に対戦。
ステージ7[GRAVITINO]突破できず。

Phoenix II
フェニックスをレベルアップしてプレイ中。
大体アクト4止まり。

メタル戦記
起動できず。

Pokémon GO
プレイヤーレベル7のまま。
放置中。

ブブキ・ブランキ 星の巨人 #13 黒い王舞

ブブキ・ブランキ 星の巨人 Blu-ray BOX

ブブキ・ブランキ 星の巨人 Blu-ray BOX

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: Blu-ray

二期が始まった。
背景以外をフルCGにしてセルアニメへ限りなく近づけることがコンセプトの作品。
舞台が台湾に。一話以来妹が登場。ここで主役の交代かな。
キャラの立て方が過剰感があって少々くどく見える印象。
クズキャラが登場した事で話し盛り上がってきているが、戦っている相手がわからず。
顔無し巨人のデザインが秀逸。これはアート系ロボってやつだろうか。
ビジュアルはRPGゲームにあるようなアート系。3DCGを使っているからこそ出来る芸当だろうか。
残念なのは内容が正統派で深夜枠の客層向きじゃないだろうってことである。

デュラララ!!×2 結 #19.5 デュフフフ!!

デュラララ!!×2 結 6(完全生産限定版) [Blu-ray]

デュラララ!!×2 結 6(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray

最終回を迎える前の外伝エピソード。特番?
池袋でレギュラーキャラの偽物に成りすますデブキャラの物語。
終始デブキャラのエピソード。スタッフのうっぷん晴らしなのか。

終末のイゼッタ #1 たたかいのはじまり。 Der Anfang der Schlacht

終末のイゼッタ Vol.1 [Blu-ray]

終末のイゼッタ Vol.1 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: Blu-ray

世界大戦時代のヨーロッパで魔法少女が出てくる話し。
軍記ものとして描写がリアルな方。
「戦場のヴァルキュリア」のアナザー版と言う解釈だろうか。
イゼッタ、過去に何かで見たことがあるような。
今季覇権狙いに来てるかのような懲りようである。



「魔法vs兵器」ネタとしてこの辺りを思い出す。

冥王と獣のダンス (電撃文庫)

冥王と獣のダンス (電撃文庫)

  • 作者: 上遠野 浩平
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 文庫


タイガーマスクW #1 二頭の虎
ハーフボイルド物・・・ではなく、「男の根性を見せてやる!」
今回の新作になって二人の青年が出てくる辺り「また腐女子に媚びたイケメンアニメになり下がるのかよ!」と思っていたらとんでもない、初代のイメージを踏襲した正統派だった。



輪郭線のタッチがまさに手描きそのもので、彩色以外は全て手描きでやったのでは?と思える程の迫力のある荒々しいタッチだった。
そして内容も昭和臭が漂ってて熱い。
今のタイガーマスクの師匠が高岡ケンって所も初代のファンとしては熱い。
主人公と道を外れた(?)タイガーマスクダークの展開も気になる。
初代から世代を超えた続きの話しらしい。

思いっ切りおっさん向けだけど個人的今期期待度No.1のアニメです。

不安になってくるのが間の「タイガーマスク二世」の存在があるのかどうか。絶対に消して欲しくないんだよなあ。
あちらにも虎の穴再起の話しが少し出ていてそのまま流れてしまったんだけど、今回の「W」で上手くつなげて欲しいんだよね。



「力が正義ではない、正義が力だ!」

この言葉で育った世代です。

◆今週の予定
10月1日(土) 技能試験(筆記)済み

◆読書
技能試験問題集を読書中。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0